災害時の避難にステッキを!

2018年8月21日

小さい頃、台風は9月から10月というのが通説でした。
特に二百十日(ニヒャクトーカ)は台風が発生することが多くその時期は稲の発育期なので特に注意したものです。

ところが、今年はすでに19号が列島に上陸しそうな気配です。
どこでどんな被害が発生するか予測できない状況で「避難指示」が出た段階で高齢者は避難の行動をする必要があります。その時に忘れてはいけないのはステッキです。避難先への道路や階段は日頃の状況とは違っている可能性がありますから、身の安全や安心を確保するためにも貴重品と共に所持することが大切です。

どんなステッキが最適でしょうか????・・・・

非常時ですからデザイン性や軽量性より耐久性が求められますから、
  折りたたみ杖ではなく、木製かカーボン製で一本杖もしくは伸縮杖をお薦めします。

(一例として)
http://www.kei-reck.co.jp/shop/products/list.php?category_id=34

http://www.kei-reck.co.jp/shop/products/list.php?category_id=28

http://www.kei-reck.co.jp/shop/products/list.php?category_id=26

地震、津波、火災など災害は台風だけではありませんから、日頃から高齢者はステッキを避難心得のひとつとして準備することをお薦めします。