大相撲初場所

2019年1月27日

卓球、バドミントン、テニス、体操、スキー等スポーツ界は若いアスリートが活躍し優勝を勝ち取っている中で今日の千秋楽は34歳の「玉鷲」が初優勝!加えて男児誕生という華々しい日となった。

貴景勝が大関のチャンスを逃し、横綱の引退と休場など残念感のある場所でもあったが、何といっても天覧相撲の当日天皇陛下と皇后陛下のご退場の際観客の総立ちして万歳が三唱されたのが印象的だった。

良くないニュースが多かった国技がこれまで観衆の気持を高揚させ、日本国民で良かったと思わせてくれたのは改めて良かったと思う今場所だった。