大震災・歩く力

2011年3月11日

3時のお約束で渋谷のセロリアンタワーの側の246号線を道玄坂に向かって歩いていて地震に遭遇した。ビルの谷間で何処に逃げようかと一瞬見渡したがビルばかり。
歩道ではしゃがんで泣き出す女の子もいた。都会の災害の怖さを改めて体験した瞬間だった。
商談を終えて渋谷駅。交通機関が全部ストップしているので大勢の人が駅の周辺に。
仕方なく、明治通りを新宿に向かって歩き出した。そして新宿から青梅街道を・・・
多くの人が列をなして歩いて帰宅する様子は、携帯で1時間ぐらい歩く覚悟を伝えていたが、こうした状況は思いのほか深刻な被害を覚悟しなければいけない。
中野でも現在余震が続いているのでまだまだ安心できそうにない週末となった