丹波の朝市

2011年8月13日

お盆の行事に欠かせない供物の野菜や花を少しでも安く良い品求めて炎天下の朝市に行列をして買い求めた。
東北の被災地では今も供養する仏様や墓地さえも無い状況を考えた時、少しの暑さを耐え凌ぐことは難儀ではないと思い、3.11同じ日に無くなった多くの人たちの命日の供養を皆で考えなくては・・・と気づいたが、何か良い方法は無いものだろうか。