国を想う

2010年12月23日

「厳しい経済の情勢や災害により国民が苦労していることを案じ、元気で良い年になるよう願っています」一般参賀の人への天皇陛下の温かいお言葉のお昼のニュース報道に胸の詰まるような感動したので、77歳の喜寿を祝った晴天の皇居へ記帳に参加した。陛下がご苦心されているのにもかかわらず国政を担当する政治の世界がこんな温かな表現どころか立場を主張するばかりの現状を憂いながら、普段縁の少ない皇居を歩きながら、ドラマで観るような先人達が苦労して築いた今日の日本がもっともっと発展の起動になることを思ったのだが・・・。