新型コロナウイルスの除菌法

2020年1月18日

新型コロナウイルス(COVID-19)は脂質を主成分とする膜に覆われたウイルス(エンベロープウイルス)なのでアルコールに弱いとされています。
最近は様々な場所で感染の主な原因である接触感染予防用のアルコール消毒液が設置されていますが、汚れに付着しているコロナウイルスまでもアルコールによって落とすことが出来ません。新コロナウイルスは感染者がその場にいなくても感染者が手に触れた「照明スイッチ」「手すり」「エレベーターのボタン」「ドアノブ・ドアレバー」「自販機ボタン」等を経由して感染するので要注意です。まず手や指を石鹸や「とれる・No.1」や洗剤で付着した汚れ成分を洗い落とし、一日一回はアルコールに比べて揮発性が低い「大銀穣」による噴霧消毒が抗菌・除菌効果が長い時間期待でき効果的です。