ある俳優の死

2014年11月21日

主要な都市のあちらこちらの映画館でも珍しく献花台が設置されていて年配の女性が多く拝礼していた。

俳優の死に対して一般の人たちが手を合わせ、涙するには何かの思いがあるのだろう。

「棺を蓋いて事定まる」
~棺のふたをした後に生前の真価が決定する~

中国のことわざを先輩から聞かされていたが実感として受け止めたことは今回初めてであり、 俳優 高倉健さんは男としての日々の生き方について何かを教えて貰ったように思う。       合掌