彼岸の悲願

2011年3月21日

大阪・四天王寺は大師講と彼岸供養が重なってお参りの人で賑わっていた。墓参りは丹波と四天王寺であるが今年は両家の墓参りを連日に済ませた。本堂の釈迦立像の側に「東北地震震災供養塔」が供養され改めて復興を祈願した。お釈迦様の涅槃やご先祖の供養も大切だが、未だ行方不明の多くの方のことを祈らずには居られない彼岸である。