唐戸渓谷

2010年11月21日

寒暖の差が大きく、11月の降雨量が多かったことで、夏の猛暑で心配された紅葉が素敵な景観を与えてくれている。いつになく土曜日の新幹線はビジネス客でなく旅行者で満席なぐらい、に京都駅はへは東や西から見物客や修学旅行者で一杯。
美山の奥深く「唐戸渓谷」は渓流とススキ、そして真っ赤な紅葉で秋をしっかり満喫させてくれていた。
厳しい情勢の中で日本の自然の大切さを改めて後世に伝える役割があることを再認識しながら細く曲がりくねった山道のハンドリングした。