丹波・端午の節句

2012年5月5日

丹波・美山は五月の空に新緑が鮮やかでラウンドには最適!

ラウンドといってもホームコースの法隆寺カントリーで仲間とショットごとにボールよりも金銭の飛び交いに一喜一憂するラウンドではなく、新鮮な空気と直射の日光によって折角新芽を出し始めた雑草を刈り取るラウンドである。

美山の一部も福井県・小浜原発から30キロ圏内となり、山里にもいよいよ政治や経済の影響が及ぶ時代はシニアの気分転換と体力づくりの草刈作業も転換の時期となるのかもしれないと想いながら心地よい疲労感を味わっている「端午の節句」である。