静かな京都

2020年2月11日

四条通りを祇園に向けて歩いても、普段は団体の外国人で歩きずらいのがスイスイ。

知恩院の境内もまばら。

平安神宮も日本人ばかり。

寺町通の商店も客がほとんどいない状態。

普段なら思い通りに歩くのも大変な錦通りも日本人だけ。

数年前の京都に戻ったのは懐かしいし有難い感があるが果たして経済がどのように変動するのか大いに心配なのは京都だけではないのでは。