新しい生活様式

2020年5月22日

政府は北海道、首都圏を除く地域で非常事態宣言を解消し、新型コロナウイルスの感染拡大防止の施策の影響に対応する「新しい生活様式」を発表しています。
わが社でも年配者の健康面での影響に配慮しながら次の三つの事を提案します。

一、ステッキは歩行補助具ではなく健康寿命を維持するための「健康用具」

二、外出規制などの自粛生活に伴う歩かない弊害を克服するために「歩行習慣」

三、良質な国産ステッキを活用することで経済の回復に寄与する「知的消費」

政府の打ち出した、経済活動より人命優先で対応したコロナ対策は大きな経済の疲弊をもたらしました。
休業を余儀なくされた店舗や生活に困っている人にとっては大変な時間ですが、今後の経済面や健康面における復興の方も一層大変です。
そんな中で歩行習慣を一層奨励して筋肉補強を図ることが元気な高齢者を一人でも増やすことになると思います。転んでは基も子もなくなってしまうことを案じながら気分よく「歩行習慣」を心がけることが大切ですし、年配者が社会に還元するという意味でも国産の良質でお洒落感のあるステッキを活用して経済の復興の一端に役立つ心得も必要ではないでしょうか。