果たしてコロナ死滅か?

2021年10月31日

新型コロナウイルスの感染者が減少している中で希望の持てるニュースが産経WEBに掲載された。

「第五波」の収束にはデルタ株等のウイルスが増殖する際にゲノム(全遺伝情報)を複製し、その際にミスに

よる異変が生じて増殖出来なくなり、変異することを修復する酵素(nsp14)が変化して修復が追い付かず死

滅して、感染の働きが落ちたことによる影響の可能性があるとの研究成果を国立遺伝学研究所と新潟大の

チームがまとめて日本人類遺伝学会で発表したとのニュース。

もし事実であれば大きな研究の成果であるし、今後のコロナ対策に影響を及ぼすと期待したいものだ。